カメムシの種類

クサギカメムシ

写真 クサギカメムシ
体長 13~18mmくらい
体色 暗褐色で黄褐色の不規則な斑模様
地域 日本のほぼ全土に生息
クワ、クサギ、ウメ、モモ、ナシ、リンゴ、ヒノキ、草、米
特徴
  • 人目に最も多くふれられるカメムシの代表。
  • 秋に越冬のため家屋に大量に飛来、侵入する。
  • 強烈な悪臭を発する。
  • 家屋の周辺で見られる時期、4月と9月の年2回。
  • 山地周辺で問題となることが多い。
  • 集団は、数千~数万匹に達することもある。

スコットカメムシ

写真 スコットカメムシ
体長 9~11mmくらい
体色 暗褐色で銅色の光沢があり、背面中央に白紋がある
地域 北海道から本州に生息
(東北や北海道では主に本種が問題となります。)
ヒノキ、ヤマクワ、マメ科の植物
特徴
  • 秋に越冬のため家屋に大量に飛来、侵入する。
  • 家屋の周辺で見られる時期、5月と10月~12月の年2回。
  • 柑橘類の匂いにも似た酸性の臭いを発する。
  • 多い時には何万匹という大群が一軒の家に集まることもある。
  • 冬の天候が良く暖かい日、雪の上で見ることもある。

マルカメムシ

写真 マルカメムシ
体長 5~6mmくらい
体色 暗褐色光沢のある暗褐色
地域 北海道を除く日本各地に生息
(特に九州地方に多く見られる)
クズ、ヤマフジ、マメ科の植物
特徴
  • 秋に越冬のため家屋に大量に飛来、侵入する。
  • 家屋の周辺で見られる時期、4月と10月の年2回。
  • 都市近郊で問題となることが多い。
  • 体は小さいが、臭いは強い。
  • 成虫はヤマフジ、クズ、ハギなどのマメ科植物に寄生する。

チャバネアオカメムシ

写真 チャバネアオカメムシ
体長 10~12mmくらい
体色 黄緑色で、羽は暗褐色
地域 日本のほぼ全土に生息
クワ、ミズキ、サクラ、ミカン、カキ、スギ
特徴
  • 越冬の為、屋内に侵入するカメムシで一般に一番良く知られている。
  • 家屋の周辺で見られる時期、3月~4月と8月~9月の年2回。
  • 刺激を与えるとくさい臭いを放つ。
  • 雑木林の周辺で見られ、サクラやクワの実の汁を吸う。

オオトビサシガメ

写真 オオトビサシガメ
体長 20~27mmくらい
体色 全身が茶褐色
地域 本州、四国、九州に生息
小昆虫の体液
特徴
  • 手足の長い大型のカメムシ。
  • 家屋の周辺で見られる時期、4月と10月~11月の年2回。
  • クサギカメムシと一緒に見かけることが多い。
  • 口吻が鋭く、刺されると激しく痛む。
  • 体が大きい為、家屋の中に侵入する事は少ないが、サッシの枠の中や外壁材の隙間の中で集団越冬する。

▲ページトップ